読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康で効率的な最低限度の生活

社内失業、スポーツと健康

休職中に呼び出され退職勧奨を受けた、元不動産会社社員さんに話を聞いた

Kさん(20代・男性)は、現在都内の企業で正社員として働いている。前職は東北地方の社員100名程の、地元では名の通った不動産会社で、営業職として働いていた。Kさんが退職勧奨にあったのは、前職でのことだ。

「あれから6年近く経ちますが、今だに結論が出ないんですよね。どっちが悪かったのか。自分が悪かったのか、それとも会社が悪かったのか…。たぶん一生、考えていくんだと思う」
Kさんが退職勧奨に遭ったのは、新卒としてその不動産会社に就職して、1年と5ヶ月目のことである。

「とにかく、すごく忙しい職場でした。徹夜することもあった。残業代は出ないんだけど、夜食費として1日千円まで支給されるんです。よく同僚と会社近くの牛丼屋に行って、ご飯を食べて領収書を切ってましたね。社風は、いわゆる体育会系。最初の上司は特に厳しくて、女の人だったんだけど、企画書を持っていったら、その場でろくに見ないでゴミ箱に捨てられたこともあった」

Kさんは、忙しく働く中で、体調を崩してしまう。

「とにかくクタクタに疲れて家に帰るんだけど、ある時、体が動かなくなったんですよ。mixiでそのことを書いたら、当時のマイミクの人が「欝じゃないか。病院いったほうがいい」ってアドバイスをくれたんです。それでも、しばらくは頑張って会社に行ってたんだけど、ある日、起きられなくて、上司が家まで来たことがあった。そんなこともあって、本格的に会社を休み始めたのが6月です。その時は、「また戻ってこい」って職場の人もすごく優しい感じだったし、自分も当然、戻るつもりだったんですけどね」

休職をはじめたのが6月。医者から「3ヶ月間は会社を休みましょう」という診断書も貰っていた。体調が回復すれば当然職場復帰できるものだと、Kさんは思っていた。しかし、休職してから2ヶ月が経った頃…。Kさんの元に会社から連絡が来たのである。

「うちの営業部の部長から「話したいことがあるから」と喫茶店に呼び出されたんですよ。店の前で待ち合わせたんだけど、部長と、人事部の人が待っていた。「最近どう?」っていう、病状や近況を聞かれるんだろうと思っていたんだけど…。すごく言いづらそうにしていたので、まさかと思った。
「辞めてもらいたい」
と言われました。すごく驚きましたよ。部署異動の可能性についても聞いてみたんですが、駄目だった。「もう決まったことだから」と。本当だったらもっと言い返せたと思うんだけど、当時は病気で頭がうまく働かなくて、最終的には「会社都合にしてやるから」と言われて、受け入れるしかなかった。
その時、もう自分は、終わったんだなって思った。会社員として…。欝になって、会社を追い出されて。今でも覚えてるんですけど、部長から
「君はうちの業界は向いてないよ」と言われたんですよ。でも向いてないって、なんだよ。くそくらえって思う。向いてるからやるとか、向いてないからやらないとかじゃないよ」

喫茶店でKさんが退職勧奨を受けたのが8月半ば。退職の期日として提示されたのが8月末。2週間しかなかった。

「8月末に、最後の出社をしたんですよ。社長室に「辞めます」と挨拶にいったら、やけにニコニコしてたんですよ。「お疲れ様、次でもがんばってね」って、すごく…ニコニコしてたんですよねえ。それを、良く覚えてますよ。
荷物をまとめて、PCを落として帰る前に、みなさんに退職の挨拶のメールを送ったんですね。その時、私、「この度は自分の力及ばず、解雇となりました」って書いて、全社員宛てに送られるメーリングリストに送信したんです。本当に、暴露をしてやろうとか、そういう気持ちはなかったし、「解雇」っていう言葉の意味も、良く分かってなかった。でも、そうしたら、エレベーターでたまたま会議帰りの社長と一緒になったんですけど、すごく怒られたんですよね。「あのメールはなんだ。解雇じゃない。恩を仇で返すようなことをしやがって」と、エレベーター降りたところで、15分ぐらい、説教されましたよ。私、両手に荷物を持ったままでした。(増田→でも実質、解雇ですからねえ)きっと、あんなに怒ったのは、後ろめたい所があったからだと思う」

関連記事: