読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康で効率的な最低限度の生活

社内失業、ミニマリズム、スポーツ

大晦日の朝日新聞一面に「社内失業」の文字踊る

社内失業

やってくれましたよ朝日新聞。大晦日の一面とは思えない「限界にっぽん」というダークな見出しで「社内失業」の文字が踊っております。
f:id:shanaineet:20121231203408j:plain

「社内失業」や人減らしの増加は、経済の低迷と雇用政策の欠如がもたらす構造的な問題だ。内閣府による昨年9月の推計では、企業内で失業状態にある社員は最大465万人に上り、勤め人全体の1割近くになっていた

「社内失業」という言葉が日本最大の新聞メディアであらせられる朝日新聞の一面に大きく載ったことは、もしかしたら今後の「社内失業」のメディア露出に影響を与えるかもしれません。
これまでの経験でいえば、「社内失業」という言葉がメディアで取り上げられると、それを見た他所のメディアの中の人たちが連鎖的に取り上げるということが多かったので…。
とはいえ、わたくしは取材受けてないんですけどもね。笑

今年は、去年に引き続き「社内失業」についてのメディア露出が何度か行われ、わたくしもそれに関わらせていただいたことも多かったんですよ。
週刊SPA!の特集「2012 業績が急落する会社を見抜く方法」でインタビュー受けました
3月20日号の週刊SPA!にまたまた掲載されておりますよん
5月21日の「東京スポーツ」夕刊にインタビューが載っております
実は現在、某紙でも「社内失業」についての特集を組む予定が進行中だそうで、そちらにはちょっとだけ顔を出させていただけるっぽいです(たぶん)。これらを弾みとして(?)来年はさらなる社内失業の認知拡大のお手伝いできたらなあと思っている次第です。それではみなさん、良いお年を!!