健康で効率的な最低限度の生活

社内失業、スポーツと健康

【速報】企業内失業者465万人

内閣府が数字を出したようですね。

企業内失業者:最大465万人 9月時点の内閣府集計
 内閣府は21日、日本経済の現状と課題をまとめた報告書「日本経済2011−2012」を公表した。企業が抱える余剰人員である「企業内失業者」はことし9月時点で最大465万人となり、全雇用者の8.5%に達するとの推計結果を示した。
 リーマン・ショック後の最悪期(09年3月、最大698万人)からは改善しているものの、1年前より50万人増加。報告書は東日本大震災の影響で、製造業を中心に高止まりしているとの見方を示した。過去の景気回復局面と比べ、雇用の過剰感が残っており、賃金への下押し圧力も強いと警戒している。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20111222k0000m020028000c.html

ちょうど僕が本を書いた2009年頃には、企業内失業者が700万人近くいたわけで、その頃に比べるとまだ良いようにも見えます。
ただ、我々は前回の2009年から何の教訓も得ていません。
社内失業を生み出さないために何をすべきなのか。放置された新人をどう教育すべきなのか。もし自分が社内失業してしまったときにどうすべきなのか。
もう一度、きちんと振り返るべき時かもしれないですね。

「企業内失業って自分の責任でしょ」と思っているあなたへ↓
社内失業、社内ニートはなぜ急増したのか
仕事が忙しい人と、社内失業者が共存してる現状がある

さらに詳しく知りたいあなたは↓

社内失業 企業に捨てられた正社員 (双葉新書)

社内失業 企業に捨てられた正社員 (双葉新書)