読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康で効率的な最低限度の生活

社内失業、ミニマリズム、スポーツ

こんなところでも若者が放置されていた件

社内失業

id:reposeさんが、研究室に所属しているにも関わらず放置されてしまい、ろくに研究できないまま卒業することになってしまう理系院生の現状について書いておられます。まるで企業に所属しているにも関わらず、ろくに仕事を任されずに暇になってしまう社内失業と共通するものを感じますなー。

研究をしないのでエントリーシートの「いっしょうけんめいがんばったこと」欄に研究の話が書けない
http://d.hatena.ne.jp/repose/20110204/1296803747

ふーむ、学部卒ならともかく、院卒でこれはけっこうキツいですよねえ。

「努力が足りない」「要は勇気がないんでしょ?」「自己責任」「ゆとり教育乙.大学院とは自ら学ぶ場所であり云々」などのワードで片付ける事も可能だが,しかし,それらの言葉は言った側が満足するために存在するのであり,言われた側は何も解決しない.

なんてことも書いておられます。ほんと、まるで社内失業。自己責任の名の下で放置されてしまい、行き詰まってしまう……そんな構造が色々なところにあるのだなということを強く感じさせるエントリでした。