読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内失業と呼ばれて

社内失業 退職勧奨 サラリーマンへのインタビュー

台湾で見かけた求人広告

求人情報

いま台湾に観光で来ておりまして、記念のブログ更新です。
台湾、気候もいいし住みやすそうだね。治安も良いし。
てことで、もし実際に住むことになったら仕事を探さないといけないわけですが、街中のお店でけっこう「正職人員」を募集する張り紙を見かけました。これって正社員ってこと?ですかね?
台湾のお土産やさんは日本語スキル必須なので、日本人の働き手は案外需要あるかもしれません。
f:id:shanaineet:20141206111053j:plain

続きを読む

イスラム国の求人情報が話題

求人情報

これ本当に怖い話だなぁ。テロ組織イスラム国への加入を呼びかける求人情報が、秋葉原の古書店で見つかり、関係者が事情聴取されてる件です。

f:id:shanaineet:20141008084607j:plain

続きを読む

「女性が期待されないんですよね。若い女の子がいるだけでいいと思われてる」社内失業しているKさんに話を聞いた

インタビュー 社内失業

Kさんは北関東の建築会社で働く一般職の女性。2014年の新卒社員として入社した。社会人になってまだ半年ほどだ。

「入社した時からおかしいな、とは思ってたんですよ。担当する業務がほとんどなかったからです。でも最初は、『周りも遠慮してるのかな』ぐらいに思ってたんですけどね。

コピーを取るにしても、伝票を切るにしても、入社したばかりの頃は時間がかかってたんですが、今となっては、そればっかりやってますから、すぐに出来ちゃうんですよ。やることがなくて、先輩に相談したら『5年前、6年前のファイルが紙で残ってるから、それを綺麗に整理すれば』『それをデータにしてPCに打ち込めば』とアドバイスされたんですが、それもうやっちゃってますから…」

Kさんはなぜ社内失業に追い込まれたのか。話を聞いた。

続きを読む

追い出し部屋が「ユーキャン2013 新語・流行語大賞」にノミネートするも落選

お知らせ

f:id:shanaineet:20131203234959p:plain

「追い出し部屋」という言葉が「ユーキャン2013 新語・流行語大賞」にノミネートするも、落選した模様です。

世間では景気がだんだん良くなってきているなんて話も聞きますけれども、サラリーマンの世界でこんなネガティブなワードが流行しているあたり、まだまだじぇじぇじぇ!な厳しい世相を感じざるをえないですねー。ほかにもサラリーマン関連では、今更感もありますが「ブラック企業」なんて言葉がノミネートされておりました。

「社内失業と呼ばれて」では、以下のような記事を書いております。

「定年を迎え会社を去るはずだった社員が、契約社員として再雇用されてしまったんですよ」社内失業しているWさんに話を聞いた

インタビュー 社内失業

Wさんは北関東の某貿易関連企業で働く40代の男性だ。

「1日の業務は30分あるかないか。担当分野の書類の整理整頓が主な仕事です。暇な時間は、インターネットで趣味のサイトを見て時間をつぶしてます。株や為替の値動きを見たり。投資信託やFXの勉強をして、家に帰ってから売買するんですよ。さすがに会社で売買しようとするとブロックされて『そのページにはアクセスできません』という画面が出ちゃうんで……。

席の後ろを他の社員が通ることもありますが、もう最近は気にせずにやってますね。 家族には「仕事はそこまで忙しくない」とは言ってるけど、何も無いとは、言ってません。言いにくい。ただ心配させちゃうだけなんで」

Wさんはなぜ社内失業に追い込まれてしまったのか。話を聞いた。

続きを読む